悪徳な業者に注意

包茎手術を希望している男性は、とても多いかと思います。自分のペニスにコンプレックスを持っている方は結構多いのです。しかし悩んでも、それを人に言うのは難しいので、その悩みを伺う機会もあまりないのです。包茎に限った事ではないのですが、他人には言う事のできない悩みほど大変なのです。それはとても追い詰められた感じになります。

そんな繊細な感情に忍び寄るのが「悪徳業者」です。包茎手術の事について調査するなら、この悪徳業者はよく調査して下さい。このような悪徳業者というのは、包茎手術の相談など「手術前のカウンセリング」などで分かる事もあります。それは、包茎手術の流れの中で「亀頭を大きくできますよ」等、他の手術も一緒に勧めるような病院です。優良な病院では、最初に他の手術は勧めてはきません。このような病院の手術はは避けて下さい。

そして、包茎手術をする前に、その「かかる費用」を尋ねて下さい。できたら、「だいたいこれくらいですよ」と言う証拠を取っておいて下さい。消費者センターでの相談は「前もって告げられた費用の10倍の額を請求された」などのケースもあります。包茎手術をしている業者は、良心的なところ、悪質なところ。それぞれあるのです。

そうでないところの悪質に病院に引っかからないように、包茎手術の前によく調査をしておいて下さい。ちょっとでも「おかしいな」と感じたらセカンドオピニオンを探すのもいいかと思います。

費用は包茎の症状によって変わってくる

包茎手術の費用は、包茎の症状によって変わってくるのです。
真性包茎のケースでは、生殖機能の支障なので病気という状態と診断されます。
そして、それは健康保険の適用があり、自己負担額は通常かかる医療費の3割程なのです。その額は、およそ2〜3万円なのです。
そして、これに病院による診断料または検査料、薬代等が加算されるのですが、しかしそれでも10万円はかからないのです。

次は仮性包茎ですが、この状態は生殖機能に関しては影響はないのです。
ですので、病院側では包茎手術の必要性は無く、健康保険の適用もありません。
費用は全て自己負担なのです。そしてこの場合の包茎手術の費用は10万円以上になります。
これらに他の費用も加算され、その総額は10万円以上になる事もあります。ですので仮性包茎の手術はあまりお勧めではないのです。

仮に、真性包茎のために病院にかかっている場合、手術の前にまず矯正を勧められていると仮定します。医師のカウンセリングを聞いて、その結果手術の効果があると判断されたら、それでも良いと思います。
けれども、ダメを承知で矯正を最初にして、非完全な仮性包茎になってしまった場合、後に包茎手術をしようとした場合には、およそ10万円以上の損害が出てしまうのです。

できたら手術をしたくないという方もいるかと思いますが、費用の面から見てみると、包茎手術をするには、若干の勇気も必要になってくるのです。
手術で後悔することが無いように、前もってちゃんと知識を身に付けてから包茎手術への検討をするのがいいかと思います。

包茎・包茎手術他、完全予約制24時まで治療可能な東京のクリニック
東京のクリニック

メンズクリニック

包茎手術、早漏治療、亀頭・陰茎増大なら東京・青山セレスクリニック
東京・青山セレスクリニック

包茎手術・治療なら秋葉原クリニック美容外科
秋葉原クリニック美容外科

包茎手術はFBCメンズクリニック、神戸院
FBCメンズクリニック、神戸院

Copyright© 2013 包茎手術の種類を知る All Rights Reserved.